paru.bmp
アメリカンカールとの出会いと育成日記
パール一家でランキングに参加しています。 応援ポチっとお願い致します。
にほんブログ村 猫ブログ アメリカンカールへ
にほんブログ村

2010年04月04日

この子に会わなかったら・・・partV

ミーちゃんは、子育てが苦手と先回書きましたが、決して母性がないのではないんです。

我が家の周りは、家猫も出入り自由な家が多く、
また、ミーちゃんが野良だったように、野良ちゃんもたくさんいました。
どこの社会にも、ボスがいるように、猫社会の地域のボスがいました。
雄猫同士は、縄張り争いがあり、外で負けた雄猫は、傷だらけになりスプレーされて帰ってきます。
それだけでなく、家まで追ってこられて、勝猫は家に入り込みマーキングをするのです。

ミーちゃんは、子供が負けて逃げ帰ってきたことを察すると、
我が家の猫の出入口前で構え、我子を家に入れてから、
勝猫に向かって戦いを挑んでいき、我子を守り通しました。
捨て猫の舞ちゃん(実は雄)にも同じことをしてくれました。
同じと言うより、
まず雄猫を舞ちゃんに近づけないように、目を光らせ、近づく雄に向かっていったのでした。
1度負けた雄猫の家を覚えているのか?
去勢してても縄張り争いから逃れることができないのか?
舞ちゃんが先にお空にいってしまうまで、ずーと、守り続けてくれたのでした。

後から我が家に来た子達を、受け入れてくれただけでなく、
我子同様に守り通してくれたミーちゃん。
後からの子たちが先に逝ってしまったことも、
私達兄弟3人それぞれ居なくなってしまったことも、
すべてを受け入れ我が家を守ってくれたミーちゃん。
わたしが実家に帰ってくると、
静かに外から戻ってきて、傍にいてくれるミーちゃん。
赤ん坊の我娘の添い寝をしてくれるミーちゃん。
姉が姪っ子を面倒みるように・・・

この子に会っていなかったら・・・
こんなにも、猫が好きにはならなかったことでしょう。

ありがとう。ミーちゃん。

そして、ごめんなさい。

あなたの最期に、傍にいてあげられなかったことを・・・

当時、体力も精神もぼろぼろだったわたしを気遣い、ミーちゃんの不調を知らせなかった両親。
「何で知らせてくれなかったの!!」と母にいいつつ自分が情けなかった。
わたしが、どんなにか悲しみ、落ち込むのが解っていたからだってこと。

いろんな後悔も、月日が癒してくれるんだっと思いながらも、
実家でまた引き取り手のいない犬・猫を飼い始めても、
自分の家の中で飼う気持ちにはずっとなれなかった。
まして、人間の気持ちを察しているように行動する猫は・・・
この子に出会うまで

SANY1062.JPG


posted by まるとも at 06:09| Comment(2) | TrackBack(0) | おもいで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

この子に会わなかったら・・・PartU

父と母の娘となったミーちゃんわーい(嬉しい顔)
もちろん、わたしとは姉妹だ。
兄2人のわたしは、姉が欲しかったのだるんるん

しかし、ミーちゃんは、夜わたしが寝ていると、
そっと部屋を訪れ、ふとんに潜り込み、わたしの胸の上で寝る。
ぐっすり寝ている時は、ミーちゃんが来たことに気づかず、
金縛りだモバQと思い、目が覚めることもしばしば。
お風呂に入っていると、湯船の脇のちいさなスペースで、丸くなりじっと眠い(睡眠)て待っていた。
(監視を母に頼まれていたのか〜?)
こんなに、慕われると(ミーちゃんは、そうは思ってなかったはず)妹のようにかわいいハートたち(複数ハート)

そんな風に思っていたが・・・猫の成長は早い。。。
あっという間に、わたしを抜いて大人になってしまった。
何処の男か解らないが・・・2回孕んで
2回ともなぜかわたしの部屋で産んでいた。(学校から帰ると部屋の四隅に赤ちゃんが転がっていた。)
ミーちゃんは、子育てが苦手な猫だったのだ。ふらふら
残念なことに、子供も弱くすぐにお空に・・・もうやだ〜(悲しい顔)
子猫の体を温め、ミルクを飲ませたり。。。
ETくんという子(映画のETのように目が離れている)1匹だけが、1歳まで生きました。
やはり、母猫が外を出入り自由にしているため、早い時期にワクチン接種しなければいけなかったのだ。
知らなかったといえ、かわいそうなことをしてしまいました。

それから暫くして、
家の前の公園に柴犬系の雑種犬が、捨てられていました。
父が、「かわいそうだし、家で飼うよ」と・・・(元々、犬飼いたかったし)
ジョンと名づけて、飼うことになりました。
ミーちゃんは、何ヶ月もジョンのことを認めてくれませんでした。
ミーちゃんのシャー攻撃パンチ
その間に、2匹の子猫も捨てられていました。
ミーが認めてくれないからと、家族で見て見ないふりをしょうとがんばりましたが、
死なせることなどできません。ちっ(怒った顔)
ご近所に、飼っていただけないかと廻り、1匹は飼っていただきました。
もう1匹は、舞ちゃんと名づけて、家で飼うことになりました。
我が家は、捨て猫・捨て犬の集まりとなりました。

ペットを愛しみ、大切に生活されている飼い主さんがいらっしゃる反面
中には、命を軽くみる人もいることを悲しく思います。

画像 022.jpg

あたしゃ 子育て上手だよ (byシェルママ)
posted by まるとも at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | おもいで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この子に会わなかったら・・・PartT

今日から、4月
さくら咲く季節ですね。(週末は花見か〜?)

アメリカンカールとの出会いから始まっている、このブログですが・・・
わたしが、猫を大好きになったのは、パールくんに出会うズート前だったんです。

わたしが高校生になるまで、いわゆるペットは籠の中でしか飼えない官舎住いだったので、
ハムスターやインコしか、飼えなかったんです。

転勤だらけの官舎生活に、ある日、終わりがやってきました。
父が、犬が飼える一軒家との希望で、千葉に引越しました。(父は単身赴任生活の始まりでしたが・・・)
じゃー犬飼ったんでしょ!と、思いきや(もちろん、2匹飼いましたが)

最初に、我が家に訪れたのは、三毛猫でした。
引越てから数日目、学校から帰ると、猫が1匹、ストーブの前でくつろいでいる・・・がく〜(落胆した顔)
ど〜したのexclamation&questionっと母に聞くと
「庭(小さな小さな庭)を、横切る猫発見!ミーちゃんっと呼んだら、
家の中に入ってきて、甘えてきたから好きにさせている」とのことexclamation×2
「首輪してないし、ご近所の方に聞いたら、この辺にいつもいる野良ちゃんだって」と言う。
「この子が、家に居たいならいいんじゃない?まーおとうさんがいいよって言ったらね」
飼う気満々じゃ〜んわーい(嬉しい顔)

とりあえず、「ミーちゃん」と呼んでみた。
すると、ニャーと返事して、足元にスリスリしてきた。かわいい揺れるハート
紙を丸めて投げてみた。追いかけて遊ぶ。かわいいハートたち(複数ハート)
椅子に座ると、ちょこんと膝に乗ってきた。かわゆ〜い黒ハート
かつおぶしあげてみた。ゴロゴロいいながら食べた。かわゆすぎる。
父、何て言うかな〜exclamation&question

父の帰宅後
ミーちゃんかわゆいビーム炸裂!父、ノックダウンバッド(下向き矢印)
やったねグッド(上向き矢印)
「明日はとりあえず、獣医さんに診せなさい。」
「ずーと、家に居るようだったら、首輪買ってあげようね。」
父、目が下がりっぱなしだよー

ミーちゃん、我が家の占領に成功ぴかぴか(新しい)
外に出て行ったら、帰ってくるかな〜っと、少し心配していましたが、
ちゃーんと帰って来て、足を拭かれても嫌がらない。

兄2人、帰宅。
一人づつOKをとって、完全制覇exclamation
それから、21年間、我が家を占領しつづけた猫でした。

filename_=iso-2022-jp''%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B[7].jpg
パールも、ミーばあちゃんに、会いたかったにゃ〜
(byおかまになる前のパール)
posted by まるとも at 16:13| Comment(1) | TrackBack(0) | おもいで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。