paru.bmp
アメリカンカールとの出会いと育成日記
パール一家でランキングに参加しています。 応援ポチっとお願い致します。
にほんブログ村 猫ブログ アメリカンカールへ
にほんブログ村

2012年07月27日

完・涼を求めて?:続忍野八海&ママの森・けもの編

←宿をチェックアウトし、車は置かせていただいたまま。
底抜池がある、榛の木資料館庭園の関所を通り中に入ると、

185.JPG

水車小屋の横に榛の木資料館があり、

188.JPG

そのまだ奥に、
8.底抜池

CIMG5205.JPG

底抜池の伝説:この池は、器や野菜を洗うとき誤って手を離すと、
       渦に巻き込まれて行方不明になり、
       失われたものは、池の底の穴をくぐってお釜池に浮かび上がってくる。
       このようなことがたびたびあるので、村人はこの池で物を洗うことを、
       神様が嫌っているということが伝わり、恐れられていた。

忍野八海の天然池は、
溶岩で形成され地上の池からは見えにくい横穴がたくさん開いているらしい。
一説には、地中で富士山から繋がっており、内部は迷路ように入り組んでいるという。
水の湧き出ている横穴に入ると、
一段と深くなっており、藻や溶岩砂などが足ヒレで蹴り上がられ、視界が悪くなり帰路を見失うという。

166.JPG

忍野村を後にし、昨日貸切で予約できなかったお店へ〜。

CIMG5236.JPG

予約していたテラス席からの眺め。l

CIMG5219.JPG

近くを通る遊覧船。

CIMG5225.JPG

冷やされた白ワインでランチ懐石

CIMG5221.JPG
CIMG5222.JPGCIMG5226.JPGCIMG5228.JPG
CIMG5227.JPG
CIMG5229.JPG
生姜ごはんにお味噌汁お香物付。

富士山にかかる雲の変化を楽しみゆっくり時間が流れた。

どうせ、3連休最終日。
渋滞してるからゆっくりしようと、富士サファリパークのナイトサファリへ〜。

今回の旅行の車は幌馬車、初めて乗ったサファリバス♪

228.JPG

でも、写真を撮るには不向き。

240.JPG

見たかったチーター(*^。^*)

256.JPG

なんだか解らないけど夜のけものたち〜^^

278.JPG

posted by まるとも at 17:04| Comment(13) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

涼を求めて?:忍野八海編

前記事の水上空中散歩みたいなレジャーは、
フランスから今季上陸したフライボード ← 詳しくは
だそうですm(__)m

今回のお宿を1枚の写真で解ってしまったツブシオさん、しあママさんさすが〜です^^
実は、ツブシオさんのブログで初めて忍野八海を知った猫バー(まるとも)でして、
山中湖には、結構行ってたのにこの歳まで知らないとは痛い婆ですわ〜。

お宿は忍野八海の菖蒲池の目の前、
お部屋のテラスのイスから池の水音・風のそよぎを聞きながら、
ずっと富士山を眺めて過ごすという欲求が満たされたのでした〜。
菖蒲池のまわりには、茅葺のお店等がありました。

CIMG5129.JPG
CIMG5131.JPG
CIMG5130.JPG

突き当りが今回の宿「レイク忍野」民宿です。
1階のカーテン開け放してる所がお部屋でした。

CIMG5133.JPG

夜は、お食事しながら富士山の山小屋の灯りが綺麗に見えました。
翌朝、

CIMG5121.JPG

忍野富士をテラスのイスから眺められました〜(^_^)v
毎度のことですがブレちゃっててショック。。。

朝食前に、忍野八海の8つの池を制覇しょうと、
第1霊場とかって各池についているんですが気にせずに、
まずは目の前の、(菖蒲池の写真は前日の夕方撮りました。)

1.菖蒲池

091.JPG

菖蒲池の伝説:肺病にかかってしまった夫のため、妻は食事や医薬の世話をしたが、
       快復に向かわず、
       妻はこの池の水を浴び身を清め一心不乱に祈願したところ37日目に、
      「池の菖蒲を採って、夫の身に巻けば夫を苦しめている病魔は必ず退散する」
       とのお告げどうり、夫は全快した。
                   (ふるさと忍野案内人観光ガイドより以下同様)

2.鏡池

逆さ富士がはっきりと映る池。

CIMG5142.JPG

鏡池の伝説:この池の水は、すべての事の善悪を見分けると言われている。

3.湧池

CIMG5149.JPG
CIMG5195.JPG

湧池の伝説:富士山の噴火の時、焼けつくような熱に苦しみ水を求めて叫ぶ声に、
      木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)がお応えになり、
      溶岩の間から水が湧きだし池になった。

4.濁池

CIMG5153.JPG

濁池の伝説:もとは澄んだ水をたたえ、飲料水となっていたが、
      みそぼらしい行者が池の地主の軒先に立って一杯の水を求めたとき、
      その家の老婆が無愛想に断ったところ急に池が濁った。

5.銚子池

194.JPG

銚子池の伝説:結婚式の最中に花嫁が大きな音のおならをし、
       それを深く恥じた花嫁が式を抜け出し、身を投じた池。
       履いていた草履だけが後日浮いてきたという。
       今は縁結びの池として知られている。

6.お釜池

CIMG5163.JPG
御釜池.png

お釜池の伝説:百姓の娘が洗濯していたところ、
       大蟇蛙(おおひきがえる)に水中に引き込まれ、
       池底をいくら探しても遺体は浮かんでこなかったという。

7.出口池

CIMG5172.JPG

出口池の伝説:富士登山者たちが、ここの池の水でけがれを祓った。

1つだけ離れたところにある出口池。
向かう途中の絶景。

CIMG5168.JPG

8つ目は?底抜池は?っと。
あぁ〜〜〜榛の木林資料館(はんのきばやししりょうかん)の中だぁ〜っと。
有料で朝9時にならないと開かないじゃん。。。

朝食を摂ってから出かけることにしました。

次回もつづきますm(__)m。
posted by まるとも at 16:17| Comment(7) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

涼を求めて?山中湖編

2.3日涼しかったのに、今日からまたまた暑くなりましたね。
世間は3連休の先週の日・月(15.16)と涼を求めて出かけてみました。

サイクリングでくじら(山中湖)を一周してみました。
スタート前は、富士山から雲が湧き出ている感じで、
龍が昇っているように見えたので撮たのですが。。。@沈

018.JPG

くじら一周は約14キロ。

CIMG5050.JPG

刻々と変わる雲を眺め、向かい風を受けながら気持ちよかったです。

CIMG5047.JPG

トライしてみたいレジャー発見(笑)

CIMG5053.JPG

走行中天気が良くなってきて、おかげでドカタ焼けだし〜やばっ!
運動したし、お楽しみのランチだ〜っとウキウキしてた猫バー(まるとも)。
だが、
ランチに寄ろうと決めてたお店が貸切だった〜で、
見晴の良いホテルマウント富士にランチしに行ってみました。

CIMG5054.JPG

猫バーは、

CIMG5056.JPG
スープ・ミニサラダ・パンで飲み物なし。

猫ジーはこれほどマズイ鰻重を食べたことがないっと立腹。
お値段はご立派なのに〜。
最悪のランチとなった。

気を取り直して、花の都公園へ。

ポピーより紫陽花が綺麗でしたよ^^

CIMG5064.JPG

↓の文字に弱い猫バー(笑)

CIMG5085.JPGCIMG5084.JPG

今回は宿泊先もパワースポット内にしてみました〜。
どんだけパワー貰いたいんじゃ。。。

CIMG5099.JPG
posted by まるとも at 17:02| Comment(10) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。