paru.bmp
アメリカンカールとの出会いと育成日記
パール一家でランキングに参加しています。 応援ポチっとお願い致します。
にほんブログ村 猫ブログ アメリカンカールへ
にほんブログ村

2013年01月29日

白鳥の郷&岩本余白亭

千葉県印西市に白鳥が飛来する噂は聞いていたのですが・・・。
1000羽以上の白鳥が田んぼに?っとは信じがたく。。。

先週の水曜日、
かつて住んでいた近隣駅まで飲みに行った時、
猫ジーが以前飲み屋で良く顔を合わせていた方と再会し、
「印西の白鳥を撮りに行ってからカメラに再度ハマってしまって〜、
  毎年撮りに行くんですよ。
   明日、娘を連れて朝早行くんで今日は早くかえります。」っと、
千葉県の桜で有名な小林牧場から車で5分程度だという。
やっぱ行かなきゃ〜(沙*・ω・)

土曜日、
外は冷た〜い風が吹いているのに、
猫バーとしては珍しく白鳥を早く見たくって出かけてみました。

白鳥に会う前に、
ブログ巡りで気になってた、

IMGP0558 (640x531).jpg

看板の位置から数段降りたところの入口から中に入ると、
気さくな女将さんが気持ち良く迎えて下さいました。
窓の外は見渡すかぎり田園風景。
ゆったり時間が流れるお店。

IMGP0528 (640x582).jpg

お手洗は、

IMGP0535 (478x640).jpg

メニューはうな重と鴨なべ(冬期のみ)
此処のうなぎは蒸してから焼くのでお待ち頂いている間に、
∈(゚◎゚)∋の骨のやわらか煮(骨せんべいとは違った美味しさ)

IMGP0530 (640x407).jpg

∈(゚◎゚)∋の頭の甘露煮&肝煮(初めて食べました〜。)
1つ1つ手間を惜しまず全てを無駄にしないで召し上がって頂きたいという
女将の気持ちが反映されていました。

IMGP0531 (640x225).jpg

うな重膳には、しじみの味噌汁・かぼちゃの煮物・お新香・みかん

IMGP0547 (640x480).jpg

うな重は柔らかでタレもくどくなくやさしいお味^^

IMGP0550 (640x473).jpg

ゴルフコンペ帰りのご常連様も多い岩本余白亭(いわもとよはくてい)
                千葉県印西市萩原1  AM11:00~PM2:00
                TEL 0476-98-1098 PN17:00~PM21:00(予約のみ)
小林牧場や吉高の大桜など花見の行き帰りにまた行きたいな〜。




体温が0.2度ほど上がったところで、白鳥の郷へ〜。

PIC_0946 (491x640).jpg

360度田んぼに

IMGP0561 (640x480).jpg

確かに白鳥が〜。

IMGP0627 (640x480).jpg

午後3時半から日没ギリギリまで、続々と何処からか帰ってくる白鳥。

PIC_0965 (640x360).jpg

毎年10月から3月まで滞在。

13592041196kQsuleTtYv0aQD1359204117.gif

冬期に水田に水を張ってくださる優しい水田の持ち主様。

PIC_0962 (640x360).jpg

初めて飛んでる白鳥を見ました〜。

PIC_0969 (640x436).jpg

先週の観測では1100羽の白鳥で真っ白に埋め尽くされる白鳥の郷。

PIC_0972 (640x360).jpg

来年も戻ってきてね〜(=´∀`)
posted by まるとも at 00:52| Comment(18) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

シャーシャーシャー。

←つづきですぅ〜(/_;)

猫好きが、
猫様を見たならどうしてもしたいこと。

まず、
頭をナデナデ

これはイケルっと思ったら、
やっぱ抱っこでしょ〜〜〜!

ゆぼぼ庵さんの宴が始まる前に、
ガブママンさんが10キロ越えの美にゃんこカブくんを
抱っこして連れてきていただきました(*^_^*)

腕から腕に空中移動する10キロ越えのカブくん

ガブママンさんの腕から、iomocaさんの腕へ〜。

挨拶なしにゃ〜シャー!

1358860640sc68zz1nyIvYUu91358860638.gif

iomocaさんの腕からしあママさんの腕へ〜。

落ち着くにゃ〜。

IMGP0279 (640x630).jpg

しあママさんの腕から猫バー(まるとも)の腕へ〜。
いやにゃ〜降すにゃ〜シャー!
トリプル拒否。

で、
解放されたカブくん。
ネコパトをはじめましたよ^^
「さっきは、いきなり抱っこしてごめんね。」っと、
優しく頭をナデナデするしあママさん。

1358860736ejQqscX1J0IEf9I1358860735.gif

「猫おとしのしあママさん」って噂は本当なのね〜。



宴が始まり、

ゆぼぼ庵接待係のmeさんが、
洗面ルームのドアを開けて入るところを、
チラッと目撃したのだが。。。

抱っこ選手権参加者の、並々ならぬ闘士を察する
賢い店主のyouさんと接待係のmeさん。

宴も後半に差し掛かる頃。

美味しいお料理とお酒に酔いしれ、
忘れかけてたと思いきゃ、
ハタッと「店主のyouさんは?」ってことになり
ベッドルームになだれ込む選手たち〜。

ガバッと掛布団を剥がされ、

いつもの店主のyouさんのお顔が、
(素敵なカレンダーを頂きましたyouboboさんありがとうございます^^)

003.JPG

シャー!!

IMGP0410 (640x480).jpg

もう一度掛布団の中へ避難するも剥ぎ取られ、
ガブママンさんとしあママさんに、
お店のプロデュースを労われたのでした〜。

1358860846QdS56msseDBu1jQ1358860845.gif

接待係のmeさんも、

洗面ルームでこんなかわいいお顔をしていたに違いないだろうに。。。

002.JPG

押し寄せる恐怖に。

IMGP0418 (640x480).jpg

あげくのはてにはyouboboさんに連れ出され。

IMGP0474 (640x480).jpg

急いでくじらベットに避難。

1358858276e5022Ot3hzgelPV1358858274.gif

電気まで点けられ、

IMGP0481 (640x437).jpg

本当に猫好きさんたちでちか?

次回は!!っと意気込んでる猫好きさんたちさぁ〜どうなることか?
こうご期待を〜〜〜。



当日、iomocaさんからかわいいイオリちゃんとモカちゃんの、
マグネットカレンダーを含めたくさんいただきました〜。Scan0001 (640x452).jpgPIC_0938.JPG

iomocaさんありがとうございました(*^_^*)
posted by まるとも at 13:46| Comment(10) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

食と酒の芸術:ゆぼぼ庵さん

←続きです^^
楽しいお話と美味しいお料理とお酒の数々が広がってましたでしょ(^_-)-☆

今一度、ゆぼぼ庵さんの蕎麦懐石を〜。

おっとその前に、

猫好きのためのおもてなし(´∀`*)

IMGP0269 (640x454).jpgIMGP0266 (640x383).jpgIMGP0263 (640x459).jpgIMGP0262 (640x547).jpgIMGP0259 (582x640).jpg

今回のお料理との絶妙なチョイスのお酒は↓

IMGP0254 (640x395).jpg

IMGP0311 (640x480).jpg

お料理のお品書き(でかい影は気になさりませんように〜。)

091.JPG

先付と一蕎のお酒は,
土佐清酒 
酔鯨(すいげい)しぼりたて ※期間限定酒
搾りたてフレッシュな味わいの中に生酒らしい力強い味があり、冷やに適した辛口酒。

IMGP0334 (379x640).jpgIMGP0374 (606x640).jpg

先付:金目鯛と百合根の茶碗蒸し・蕪のみぞれのせ
   胃も空腹と相まって冷える寒い季節、温かな先付というお気持ちが嬉しく、
   力強い純米が胃を目覚めさせてくれました。

IMGP0332 (640x525).jpg

一蕎:糸唐辛子を包丁で丁寧に刻んで更科粉に練りこんで頂いた変わりそば
   辛さがたちすぎることもなく余韻を楽しませて頂いたお蕎麦に、
   清々しい酔鯨が喉を潤おしてくれました。

IMGP0363 (640x455).jpg

八寸には、
筑後手造伝統之酒 
繁桝(しげます)あらばしり生々
※数量超限定&季節限定酒
無加圧状態の滴を集めた生中の生。
甘くなく辛くもなく、麹のほのかな甘みを感じる上品で優しいお酒。

   
IMGP0403.JPG


八寸:芸術です!!
   ↑お品書きをご確認くださいね。
   全てが素材から吟味されていて、特に酒粕和えと酒粕揚げは、
   酒粕も繁桝の酒粕という徹底ぶりに
   どんなにか猫バー(まるとも)が感動したことか想像してみてくださいね^^
   そして、酒粕をおみあげに頂いて(強奪して)しまいましたm(_ _)m
   上品なお料理を上品なお酒がより引き立て至福の時が流れました。   
   
IMGP0381 (640x480).jpg

この新年らしい器には、
丁寧に裏ごしされた新玉ねぎのほのかな甘みのスープが注がれていてるという演出。

IMGP0390 (172x195).jpgIMGP0388 (154x176).jpgIMGP0385 (147x168).jpgIMGP0377 (133x150).jpgIMGP0375 (189x200).jpg

椀物には、
日本の名水百選「養老の滝」の名水が湧く養老町に蔵を構える酒造元の銘柄、
無風(むかで)別拵(べつこしらえ)
ゆぼぼ庵さんのブログ「youぼうず」で教えていただき、
PCをググッて探し当てた時にはソウルドアウト。
限られた酒屋さんと直接取引をしている銘柄。
武田軍の旗印むかでをイメージしたというラベルがお洒落ですよね。

IMGP0420.JPG

mukazeuta.jpg

あぁ〜日本人でよかった〜(´∀`)

椀物:新筍と鰤のそばがき
   おさしみでもいける新筍と鰤で冬と春を感じながら、
   しっかりとした米の旨みの無風が、口の中で勝つことも負けることもない幸せ〜。

IMGP0426 (640x480).jpg

新年早々、素晴らしい宴に参加させていただけた光栄の上、
縁起の良い器で日本酒を呑めるなんて〜

IMGP0444 (640x542).jpgIMGP0445 (640x547).jpgIMGP0448 (640x550).jpg今年に期待を持つていいですよね?

二蕎:こだわりの鰹節で作られたそばつゆの香りと蕎の香りのハーモニーを、
   まず、すりおろしたてのわさびで頂いた後、
   からみだいこんの辛味の中からつゆのやさしい甘みが顔を出す粗挽きそば

IMGP0454 (640x480).jpgIMGP0456 (640x481).jpg

締めのお酒は、
米どころ秋田の
雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ) 山廃
自家焙煎酵母の蔵元、蒸米を麹で溶かす酒造法ゆえなのだろうか?
若々しい酸とキレの良い後味。

IMGP0463 (450x640).jpg

甘味:そばぜんざい
   小豆のふわっとした香りと甘みの中にそばがきの柔らかい感触が〜。
   椀物のそばがきとはそば粉の種類が違う記憶なのだが・・・どんだけ飲んだんでしょう〜(笑)
   キレの良い雪の茅舎をここにって流石!!

IMGP0464 (640x480).jpg

雪の茅舎は温めてもイケル酒とのことで、燗をつけてくださいました。
冷より米の旨みが強くなりさわやかな酸味と変化しました。

ガブママンさんからの桜新町「古無門」のロールケーキと燗の雪の茅舎。
クリームがお酒に溶けて口の中でいい仕事してました(*゚∀゚*)
ガブママンさんご馳走様でしたm(_ _)m

IMGP0484 (640x480).jpg

ゆぼぼ庵さん
美味しいお料理とお酒をありがとうございました〜。

此処、ゆぼぼ庵さんは、
猫好き・蕎麦好き・酒好きの憧れの地で有名。
(CATさ〜ん、すいませ〜んパクリましたm(_ _)m)

外せない美にゃんさんたちを囲んで?を次回に〜。
なんと言われようが、
私たちは猫好き〜!
posted by まるとも at 17:56| Comment(11) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。