paru.bmp
アメリカンカールとの出会いと育成日記
パール一家でランキングに参加しています。 応援ポチっとお願い致します。
にほんブログ村 猫ブログ アメリカンカールへ
にほんブログ村

2009年09月01日

アメリカンカールの性格って?

SANY1118.JPG
パールが我が家に来た日、
前もって用意しておいた、ゲージとトイレに、
まず、ゲージにお水とベビー用ドライフード
トイレの砂には、ペットショップで頂いた
パールのおしっこがしみこんだ少量の砂を、入れてあげました。

すると、パールは生後2ヶ月ですが、
まず、ゲージに入り水と餌のにおいを嗅ぎ、
トイレを入念にチェックして、トイレにちょこんと座り、
用をたしました。

実家では、外と出入自由にしていたので、
猫がトイレをするのを見たことのなかった私は、
もうビックリ!!「ちゃんと出来るんだー」 
感動と嬉しくってしかたなかったのを、今でも覚えています。

おもちゃで遊んであげると、喜んでいつまでも遊んでくれました。
遊ぶのに疲れて眠くなると、ピンク色の鼻が赤くなり・・膝の上で
寝てしまいました。

もう、私はパールの虜になってしまいました。(単純な人間です・・)

夜は、ゲージに入れて寝せようとしたら、しばらく鳴いていました。
でも、諦めて寝てくれました。

翌日からは、何処にいくのでもまるで子犬のようについてきます。
トイレにいけば、トイレのドアの前で待っていて、
ドアの下の隙間から小さな手が、チョコチョコと入ってきました。

お風呂に入ると、一緒に入ってきます。
(今は、シャンプーされるのが嫌なので、隣接する洗面所でじっとまっています。でも、少しドアを開けていると、シャワーの音がやむと入ってきます。)

仕事から帰ってくると、玄関まで来て迎えてくれます。
少し大きくなってからは、ダイニングテーブルの椅子に座ると、鼻をつけてお帰りのキスをしてくれます。

朝、目覚ましの音が鳴ると、ベットに登り
起きてねのキスをして起こしてくれます。

猫ってこんなに、人といるのが好きだったか考えると、
実家で飼っていた子たちは、こんなことしてくれる子はいなかったはず・・・
寒いとお布団に入ってくる子はいたけど・・・

猫がマイペースでわがままと思われがちですが・・・
ちょこっと、お伝えしたかったです。

次は、はじめて旅行に連れて行った時のことを聞いて下さい。


posted by まるとも at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | おもいで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。