paru.bmp
アメリカンカールとの出会いと育成日記
パール一家でランキングに参加しています。 応援ポチっとお願い致します。
にほんブログ村 猫ブログ アメリカンカールへ
にほんブログ村

2010年01月26日

嫁シェル子猫を産む

けがをしてしまい、しばらくお休みしていましたが、
やはり、パール一家の成長の記録は残しておきたいので再開致しました。

平成21年7月12日
朝からシェルが私の側を離れません。
ウォーキングクローゼットの中に入っていいか何度も何度も
手を私の頭にチョンチョンと合図をして、クローゼットへ誘います。
「ここで産みたいの?」と聞くと、ニャーと足にスリスリしてきました。
ダンボールにバスタオルをひいて、中に入れてあげました。
ゴロゴロとのどを鳴らし喜んでいるようでした。
まだ、生まれるはずはないと、出かけようと用意をしていると、
そわそわと、また呼びに来きます。
それでも、出かけてしまいました。(傍にいて欲しかったんだろうな)
帰ってくると、シェルがニャーニャーと(いつも、静かな子なのに・・・)なきました。(帰って来るのを待ってた様子)
もしや、生まれるの?
私の前を歩き、また、クローゼットと誘導し、ダンボールの中に入りゴロゴロとのどを鳴らし、わたしをじっと見ています。
しばらく、傍にいましたが、生まれないので、お夕飯の支度をしに
キッチンに行って支度を始めていると、今度は、声を上げて甘える仕草で呼びに来ました。
いよいよか?
私が傍に戻ると目を細め、まもなくギャーと大きな声を出し一匹めの赤ちゃんが生まれました。
すぐ、へその緒を噛み切り、なめてきれいにして、おっぱいをすわせました。
すごい!!
何にも教えなくても自力で赤ちゃんを産んで・・・尊敬です。
もう一匹の赤ちゃんが生まれるまで、一時間程かかりましたが、その間
傍を私が離れると何度も何度も、呼びにきて傍にいてくれ!と言いにきました。
無事2匹めの赤ちゃんも生まれ、シェルはおかあさんとなりました。




posted by まるとも at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | おもいで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。