paru.bmp
アメリカンカールとの出会いと育成日記
パール一家でランキングに参加しています。 応援ポチっとお願い致します。
にほんブログ村 猫ブログ アメリカンカールへ
にほんブログ村

2010年04月04日

この子に会わなかったら・・・partV

ミーちゃんは、子育てが苦手と先回書きましたが、決して母性がないのではないんです。

我が家の周りは、家猫も出入り自由な家が多く、
また、ミーちゃんが野良だったように、野良ちゃんもたくさんいました。
どこの社会にも、ボスがいるように、猫社会の地域のボスがいました。
雄猫同士は、縄張り争いがあり、外で負けた雄猫は、傷だらけになりスプレーされて帰ってきます。
それだけでなく、家まで追ってこられて、勝猫は家に入り込みマーキングをするのです。

ミーちゃんは、子供が負けて逃げ帰ってきたことを察すると、
我が家の猫の出入口前で構え、我子を家に入れてから、
勝猫に向かって戦いを挑んでいき、我子を守り通しました。
捨て猫の舞ちゃん(実は雄)にも同じことをしてくれました。
同じと言うより、
まず雄猫を舞ちゃんに近づけないように、目を光らせ、近づく雄に向かっていったのでした。
1度負けた雄猫の家を覚えているのか?
去勢してても縄張り争いから逃れることができないのか?
舞ちゃんが先にお空にいってしまうまで、ずーと、守り続けてくれたのでした。

後から我が家に来た子達を、受け入れてくれただけでなく、
我子同様に守り通してくれたミーちゃん。
後からの子たちが先に逝ってしまったことも、
私達兄弟3人それぞれ居なくなってしまったことも、
すべてを受け入れ我が家を守ってくれたミーちゃん。
わたしが実家に帰ってくると、
静かに外から戻ってきて、傍にいてくれるミーちゃん。
赤ん坊の我娘の添い寝をしてくれるミーちゃん。
姉が姪っ子を面倒みるように・・・

この子に会っていなかったら・・・
こんなにも、猫が好きにはならなかったことでしょう。

ありがとう。ミーちゃん。

そして、ごめんなさい。

あなたの最期に、傍にいてあげられなかったことを・・・

当時、体力も精神もぼろぼろだったわたしを気遣い、ミーちゃんの不調を知らせなかった両親。
「何で知らせてくれなかったの!!」と母にいいつつ自分が情けなかった。
わたしが、どんなにか悲しみ、落ち込むのが解っていたからだってこと。

いろんな後悔も、月日が癒してくれるんだっと思いながらも、
実家でまた引き取り手のいない犬・猫を飼い始めても、
自分の家の中で飼う気持ちにはずっとなれなかった。
まして、人間の気持ちを察しているように行動する猫は・・・
この子に出会うまで

SANY1062.JPG


posted by まるとも at 06:09| Comment(2) | TrackBack(0) | おもいで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

なりた〜い

ミーちゃんを思い出し涙が止まらない日々も、月日が経つにつれ、
愛猫の楽しい想いでとして、友達や彼に話すことが
出来るようになった頃
アメリカンカール(パールくん)と出会ったのでした。

7年の年月が流れていました。

なぜexclamation&question
今頃、昔の愛猫のことを?って。。。

今年の2月、ひとつのブログとの出会いがあったからでした。

http://10beiblog.seesaa.net/

こんなにも、我が子として、愛しみ大切に生活されている方がいらっしゃるんだと・・・

今のわたしも、9年前のわたしならなおさら、出来ないことだろう・・・

「あなたレベル低いんだから・・・姉として妹を煩わせずに先に逝ったんだよ〜」って
教える為に、出会わせてくれたんだなっと思えました。
そして、「今の子達を、大事に育てなさい!!」って言われているように感じました。

この「十兵衛」ブログを応援していらっしゃるたくさんの方々のコメントと、ブログを訪問させて頂いて、命と向き合う姿勢・問題や不安の対処法などなど・・・たくさん教えていただきました。
ありがとうございます。引き続き教えて下さい。ね。

わたしも、
猫の為の人生exclamation×2
言い切れる人間になりた〜い

今の子・孫たちと
た〜くさん
想いで作ってわーい(嬉しい顔)

__ 2.jpg

さかりで「アンナだよ〜ん」となきますふらふら
posted by まるとも at 17:11| Comment(4) | TrackBack(0) | おもいで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

桜に思うこと

桜が咲くと・・・

彼の愛犬、ボーダーコリーのクリスのことを、思い出します。
私はクリスの小さい時を知りません。

パールは、一昨年の2月14日に我が家にきましたが、
同じ年の、桜が満開の日に(パールがきてちょうど2ヶ月)
具合が悪くなってから、獣医さんにすぐに診せたのですが
1週間で、お空に逝ってしまいました。

彼がブリーダーさんから、クリスを譲り受けたとき
1つの条件を出されました。
それは、ドックショーに出場させるこということでした。
両親とも、ヨーロッパのグランドチャンピオンだったので、
その約束は、必守でした。

そのために、クリスは仔犬の時から、ハンドラーさんの元で生活し、
訓練を受けました。
そして、全国をハンドラーさんと一緒に巡り、
パピー(こいぬ)の部門でグランドをとり、14連勝という記録を
残したそうです。

ドックショーやキャットショーと言うと
飼い主の見栄のかたまりと思っていた私

ショーを取っても、賞金などないばかりか、
エントリー代・ハンドラー代(ショー獲得すると謝礼も)
トリミング代・旅宿泊費(愛犬とハンドラーさんと自分の分)
健康管理の餌代etc...出費の山ふらふら
と聞くと、ますます、見栄だけじゃんと。。。

ショーに出場している犬は、自分の番のショー中は、退場するまで、
まるで別犬になるそうです。
まるで、与えられた仕事として、やりとげようと努力するかのごとく。
そういった素質がある子だからか?
褒められるから喜んでするのか?
仕事を与えられ褒められることは、人間も嬉しいこと。わーい(嬉しい顔)

ならば、クリスは幸せだったはず。ぴかぴか(新しい)

でも、彼はいまだに心残りがある。
それは、クリスの家族を作ってあげなかったこと。

パールに、お嫁さんを迎えようっと言ってくれた彼。
パール一家が、増えていくのを喜び見ながら
「クリス一家も見たかったな」っと・・・

パールくんとしては、
1匹で、かわいがらえたほうが良かったのかも知れないが・・・
わたしたちは、パールを一家の頭にすることを選択しました。

SANY1119.JPG
独身時代のパール
パールのこと最近、一家の頭なんて
だーれも思ってないじゃ〜んもうやだ〜(悲しい顔)

パール一家 
アメリカンカール ブログランキング参加したんだって〜がく〜(落胆した顔)
みなさん どーぞ よろしくお願いいたします。
posted by まるとも at 17:59| Comment(2) | TrackBack(0) | おもいで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。