paru.bmp
アメリカンカールとの出会いと育成日記
パール一家でランキングに参加しています。 応援ポチっとお願い致します。
にほんブログ村 猫ブログ アメリカンカールへ
にほんブログ村

2012年10月17日

極めてる〜♪

←ご訪問&コメントありがとうございました^^
seesaaメンテ等でレスできずに申し訳ございません。

遅ればせながら〜13日の夜の部のご報告で〜す。
すでに、
ガブママンさん、きとりさん、youboboさんのところで
ご覧になられた方も、さら〜っとm(__)m



きとりさんとiomocaさんと猫バー(まるとも)が、
youboboさん宅にお通しいただくと、

CIMG6053.JPG

まるでお店の貸切個室には、手作りのキャットタワーが〜猫バーは目が釘付け。

CIMG6055.JPG

厨房に立たれる主様ご夫婦に先だってビールで乾杯している間に、
まぁ〜いい香りが〜。

白髪ねぎとザーサイとささみの和え物。

CIMG6059.JPG

肉球〜♪手作りなんですって〜@驚

CIMG6056.JPG

手打ち蕎麦板のラザニア

CIMG6058.JPG

どど〜ん!!っと目が点に〜。

CIMG6067.JPG

iomocaさんおみあげの崎陽軒の焼売

CIMG6057.JPG

ガブママンさんから黒豆のえだまめ

CIMG6063.JPG

鶏皮せんべい
特別な調理器具も見せていただきました。薄くサクッと美味し〜ぃ〜。

CIMG6064.JPG

すすむすすむ〜日本酒〜。
「ひやおろし」ってこんなにおいしかったの?って目からうろこ。
↓東京のお酒ってことにまたまたビックリ!

CIMG6070.JPG

今までのんでたのは何?!
次から次へと器を替えお出しいただく初めての銘柄の数々。
お燗との味の違いまで体験させていただいて、感動の嵐・あらし・・・。

じゃがいも饅頭(じゃがもちと聞き間違える庶民丸出しの猫バー@汗)
中に鶏ひきが入ってて〜やさしいやさしいお味にうっとり。

CIMG6076.JPG

こんにゃく煮
こんにゃくの粉をお取り寄せして、こんにゃくを作るところからとは〜凄すぎです。
ぷるっふる〜。

CIMG6079.JPG

おあげ焼
この厚さなのにサックリ^^

CIMG6082.JPG

日本酒に対しても、酒肴に対しても極めていらっしゃる〜。

そして、毎週手打ちなさるというお蕎麦を頂いて、もうお腹はパンパン。

にゃんと!デザートまで〜。
もちろんろんの別腹(笑)

栗のアイス渋皮煮添え
茨城産の栗を1つ1つ剥いて煮てくださった@感激

CIMG6085.JPG

youboboさんご夫婦、
早朝から遅くまでほんとうにありがとうございました。
そして、猫バーいろんな意味で強烈で〜ごめんなさい。。。


きとりさんのおみあげ。
とってもかわいい♪

CIMG6062.JPG

女子力高いですよね〜(*^_^*)
猫バーは、完璧なおやじだわぁ〜って痛感したのでした〜いまさらなんかい!!(笑)

ouboboさんご家族・ガブママンさん・きとりさん・iomocaさん
ありがとうございました〜。


皆様、ご心配の帰りですが・・・今回は、加害者にならずに帰れました〜よ。
さぁ〜、あなたは信じますか?(笑)


posted by まるとも at 18:32| Comment(17) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

愛おしさが増すよね^^

先日、どこへでも〜♪ガブママンさんに作って頂いた
パールパパのレジンのバックチャームを見て、
猫ジーの長女さんが「かわいい〜〜〜!!」っと絶叫したと聞き^^

11月中旬から初めて自分だけの仔として、
トイプードルのレオンくんを迎えた長女さん。

ガブママンさんに、レオンくんのバックチャーム&キーホルダーを作って頂き、
「これから少なくとも15年、
命を守る責任を持ち続けて欲しい」

との猫ジーの気持ちを乗せて、プレゼントしました。

ガブママンさんにお渡しした写真は、1枚だけ。

058.jpg

画像も悪く、却下されるかも?っとハラハラしながら、
画像処理から全てお願いで〜。
(とんでもない奴です。ガブママンさん申し訳ございません。)


どうしたらこんな可愛くなるの〜〜〜!!

ママンの手は魔法の手♪



キーホルダー

PIC_0863.JPG

バックチャーム
PIC_0864.JPG

ガブママンさんの優しいお心に感激!!

PIC_0861.JPG

申し訳なくも有難く頂いた、チョーカー

PIC_0867.JPG


18日に猫ジーが渡すと、

まず、
きれい〜!!かわいい〜〜!!と絶叫!

こんなことをしてもらったら、
 「より一層レオンのことが可愛くなっちゃうよ〜。」

キーホルダーのパーツを買いに走ってくださったことと、
チョーカーをプレゼントしてくださったことを話したら、

「大事にするからね。
 造って下さった優しい先生に宜しく伝えてね。
 レオンと出かけられない所に居る時もレオンの顔が見れるね♪
 レオンと家にいる時は壊されちゃいそうだから、
 出かける時にチョーカーはつけますね。」

っと、

写メを撮りまくりながら、
いつも以上にずーっと笑顔が止らない姿を見て、
猫ジーも嬉しくってしかたなかったと申しております。
 
ガブママンさん、
語録ないまるとも(猫バー)で申し訳ございません。
ほんとうにありがとうございました(*^_^*)
posted by まるとも at 15:14| Comment(11) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

食と酒の芸術:ゆぼぼ庵さん

←続きです^^
楽しいお話と美味しいお料理とお酒の数々が広がってましたでしょ(^_-)-☆

今一度、ゆぼぼ庵さんの蕎麦懐石を〜。

おっとその前に、

猫好きのためのおもてなし(´∀`*)

IMGP0269 (640x454).jpgIMGP0266 (640x383).jpgIMGP0263 (640x459).jpgIMGP0262 (640x547).jpgIMGP0259 (582x640).jpg

今回のお料理との絶妙なチョイスのお酒は↓

IMGP0254 (640x395).jpg

IMGP0311 (640x480).jpg

お料理のお品書き(でかい影は気になさりませんように〜。)

091.JPG

先付と一蕎のお酒は,
土佐清酒 
酔鯨(すいげい)しぼりたて ※期間限定酒
搾りたてフレッシュな味わいの中に生酒らしい力強い味があり、冷やに適した辛口酒。

IMGP0334 (379x640).jpgIMGP0374 (606x640).jpg

先付:金目鯛と百合根の茶碗蒸し・蕪のみぞれのせ
   胃も空腹と相まって冷える寒い季節、温かな先付というお気持ちが嬉しく、
   力強い純米が胃を目覚めさせてくれました。

IMGP0332 (640x525).jpg

一蕎:糸唐辛子を包丁で丁寧に刻んで更科粉に練りこんで頂いた変わりそば
   辛さがたちすぎることもなく余韻を楽しませて頂いたお蕎麦に、
   清々しい酔鯨が喉を潤おしてくれました。

IMGP0363 (640x455).jpg

八寸には、
筑後手造伝統之酒 
繁桝(しげます)あらばしり生々
※数量超限定&季節限定酒
無加圧状態の滴を集めた生中の生。
甘くなく辛くもなく、麹のほのかな甘みを感じる上品で優しいお酒。

   
IMGP0403.JPG


八寸:芸術です!!
   ↑お品書きをご確認くださいね。
   全てが素材から吟味されていて、特に酒粕和えと酒粕揚げは、
   酒粕も繁桝の酒粕という徹底ぶりに
   どんなにか猫バー(まるとも)が感動したことか想像してみてくださいね^^
   そして、酒粕をおみあげに頂いて(強奪して)しまいましたm(_ _)m
   上品なお料理を上品なお酒がより引き立て至福の時が流れました。   
   
IMGP0381 (640x480).jpg

この新年らしい器には、
丁寧に裏ごしされた新玉ねぎのほのかな甘みのスープが注がれていてるという演出。

IMGP0390 (172x195).jpgIMGP0388 (154x176).jpgIMGP0385 (147x168).jpgIMGP0377 (133x150).jpgIMGP0375 (189x200).jpg

椀物には、
日本の名水百選「養老の滝」の名水が湧く養老町に蔵を構える酒造元の銘柄、
無風(むかで)別拵(べつこしらえ)
ゆぼぼ庵さんのブログ「youぼうず」で教えていただき、
PCをググッて探し当てた時にはソウルドアウト。
限られた酒屋さんと直接取引をしている銘柄。
武田軍の旗印むかでをイメージしたというラベルがお洒落ですよね。

IMGP0420.JPG

mukazeuta.jpg

あぁ〜日本人でよかった〜(´∀`)

椀物:新筍と鰤のそばがき
   おさしみでもいける新筍と鰤で冬と春を感じながら、
   しっかりとした米の旨みの無風が、口の中で勝つことも負けることもない幸せ〜。

IMGP0426 (640x480).jpg

新年早々、素晴らしい宴に参加させていただけた光栄の上、
縁起の良い器で日本酒を呑めるなんて〜

IMGP0444 (640x542).jpgIMGP0445 (640x547).jpgIMGP0448 (640x550).jpg今年に期待を持つていいですよね?

二蕎:こだわりの鰹節で作られたそばつゆの香りと蕎の香りのハーモニーを、
   まず、すりおろしたてのわさびで頂いた後、
   からみだいこんの辛味の中からつゆのやさしい甘みが顔を出す粗挽きそば

IMGP0454 (640x480).jpgIMGP0456 (640x481).jpg

締めのお酒は、
米どころ秋田の
雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ) 山廃
自家焙煎酵母の蔵元、蒸米を麹で溶かす酒造法ゆえなのだろうか?
若々しい酸とキレの良い後味。

IMGP0463 (450x640).jpg

甘味:そばぜんざい
   小豆のふわっとした香りと甘みの中にそばがきの柔らかい感触が〜。
   椀物のそばがきとはそば粉の種類が違う記憶なのだが・・・どんだけ飲んだんでしょう〜(笑)
   キレの良い雪の茅舎をここにって流石!!

IMGP0464 (640x480).jpg

雪の茅舎は温めてもイケル酒とのことで、燗をつけてくださいました。
冷より米の旨みが強くなりさわやかな酸味と変化しました。

ガブママンさんからの桜新町「古無門」のロールケーキと燗の雪の茅舎。
クリームがお酒に溶けて口の中でいい仕事してました(*゚∀゚*)
ガブママンさんご馳走様でしたm(_ _)m

IMGP0484 (640x480).jpg

ゆぼぼ庵さん
美味しいお料理とお酒をありがとうございました〜。

此処、ゆぼぼ庵さんは、
猫好き・蕎麦好き・酒好きの憧れの地で有名。
(CATさ〜ん、すいませ〜んパクリましたm(_ _)m)

外せない美にゃんさんたちを囲んで?を次回に〜。
なんと言われようが、
私たちは猫好き〜!
posted by まるとも at 17:56| Comment(11) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。